忍者ブログ

季節の花

いま咲いている花

Home > > [PR] Home > 観葉植物 > 砥草葉木麻黄(トクサバモクマオウ)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

砥草葉木麻黄(トクサバモクマオウ)



砥草葉木麻黄(トクサバモクマオウ)はモクマオウ科モクマオウ属の常緑高木である。
原産地はビルマ、ベトナム、マレーシア、南太平洋諸島、オーストラリアなどである。
日本へは明治時代の初期に渡来し、小笠原諸島や沖縄諸島で観賞用などとして植栽されている。
和名の由来は、薬草の麻黄(マオウ)に似ていて葉が砥草(トクサ)に似た木という意味である。
単に木麻黄(モクマオウ)と呼ばれることもある。
また、別名を常磐御柳(トキワギョリュウ)ともいう。
樹高は10~30メートルくらいである。
樹皮は灰褐色で繊維状に剥げる。
樹冠は円錐形である。
枝は垂れ下がるものが多い。
葉は退化しており、節に鱗片葉が輪になって生える(輪生)。
開花時期は10月である。
雌雄同株である。
花の色は淡い緑白色である。
雄花序は円柱形で枝先につき、雌花序は球形で枝のつけ根につく。
花の後にできる実は木質で楕円形をしており、マツカサ状である。
材は建築材、土木用材、燃料材とされる。
樹皮は染料となる。
属名の Casuarina はラテン語の「casuarius(ヒクイドリ)」からきている。枝葉の様子が似ていることから名づけられた。
種小名の equisetifolia は「トクサ属(Equisetum)のような葉の」という意味である。
写真は12月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Casuarina equisetifolia

★雑然と見える葉っぱは砥草のよう
 変わった木だね何に使うの




花図鑑
植物図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル







PR


PR
" dc:identifier="http://kisetunohana2.blog.shinobi.jp/%E8%A6%B3%E8%91%89%E6%A4%8D%E7%89%A9/%E7%A0%A5%E8%8D%89%E8%91%89%E6%9C%A8%E9%BA%BB%E9%BB%84%EF%BC%88%E3%83%88%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%90%E3%83%A2%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%AA%E3%82%A6%EF%BC%89" /> -->
Responses0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

楽天

PR






AmazonStore
by amanatu


カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター



最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析