忍者ブログ

季節の花

いま咲いている花

Home > > [PR] Home > 秋の花 > 浜辺葡萄(ハマベブドウ)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

浜辺葡萄(ハマベブドウ)



浜辺葡萄(ハマベブドウ)はタデ科ハマベブドウ属の常緑小高木である。
原産地はアメリカ合衆国の南部、メキシコ、西インド諸島、ブラジルなどで、海辺や川辺に生える。
日本へは明治時代に渡来した。
英名はシーグレイプ (sea grape)、ショアグレイプ (shore grape)などである。
樹高は5~8メートルくらいである。
葉は丸い心臓形で、向かい合って生える(対生)。
葉は革質で艶があり、縁は波状になる。
雌雄異株である。
開花時期は秋である。
葉の脇から長さ15センチくらいの総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い花をたくさんつける。
花には蜜が多く、甘い香りがする。
花の後にできる実は葡萄状の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、赤紫色に熟する。
実は生食にしたり、ジャムやゼリーなどに加工される。
樹皮はインクの材料となり、材は細工用とされる。
属名の Coccoloba はギリシャ語の「kokkos(液果の)+lobos(莢)」からきている。
種小名の uvifera は「葡萄状の」という意味である。
写真は11月に沖縄市の東南植物楽園で撮った。
学名:Coccoloba uvifera

★実や花の姿もいつか見てみたい
 丸い葉っぱだ浜辺葡萄は









PR



PR
" dc:identifier="http://kisetunohana2.blog.shinobi.jp/%E7%A7%8B%E3%81%AE%E8%8A%B1/%E6%B5%9C%E8%BE%BA%E8%91%A1%E8%90%84%EF%BC%88%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%99%E3%83%96%E3%83%89%E3%82%A6%EF%BC%89" /> -->
Responses0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

楽天

PR






AmazonStore
by amanatu


カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター



最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析