忍者ブログ

季節の花

いま咲いている花

Home > > [PR] Home > 秋の花 > 三手琴柱草(ミツデコトジソウ)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

三手琴柱草(ミツデコトジソウ)

三手琴柱草(ミツデコトジソウ)

三手琴柱草(ミツデコトジソウ)はシソ科アキギリ属の多年草である。
分類上は、黄花秋桐(キバナアキギリ)の変種とされている。
特徴は、基本種よりも小形で、葉の三角形の張り出しが強いことである。
高知県と鹿児島県に分布し、山地に生える。
高知県では三葉琴柱草(ミツバコトジソウ)、鹿児島県では深山琴柱草(ミヤマコトジソウ)の名が用いられ、いずれも県の絶滅危惧種とされている。
草丈は20センチから40センチくらいである。
葉は三角状鉾形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は8月から10月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い唇形の花を段になってつける。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Salvia nipponica var. trisecta


★葉の形少し違っているんだよ
 比べてごらんきっとわかるさ


三手琴柱草(ミツデコトジソウ)

今日の花ドットコム
花図鑑
PR
Responses0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

楽天

PR






AmazonStore
by amanatu


カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター



最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析