忍者ブログ

季節の花

いま咲いている花

Home > > [PR] Home > 秋の花 > 苧(カラムシ)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

苧(カラムシ)



苧(カラムシ)はイラクサ科カラムシ属(ボエメリア属)の多年草である。
ボエメリア属は世界に50種くらいが分布する。
日本にも本種などが分布し、属名の和名をカラムシ属という。
本種は本州から沖縄にかけて分布し、道ばたや荒れ地に生える。
また、国の重要無形文化財である「小千谷縮」や「越後上布」の原料として、福島県会津地方の昭和村で商品栽培されている。
海外では、台湾、中国にも分布する。
別名を草真麻(クサマオ)という。
草丈は100センチから150センチくらいである。
茎には圧毛(茎や葉に密着して寝た毛)が生える。
近縁種の南蛮苧(ナンバンカラムシ)の場合は長くて白い開出毛(立ち上がるようにつく毛)が生える。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尾状に尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面には綿毛がある。
開花時期は8月から9月である。
雌雄同株である。
雌花は茎の上部の葉の脇に穂状となってつく。
雄花は黄白色で、茎の下部の葉の脇につく。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
俳句の季語は夏である。
属名の Boehmeria はドイツの植物学者「ボーマー(Georg Rudolf Boehmer, 1723-1803)さん」の名からきている。
種小名の nivea は「雪のように白い」という意味である。
変種名の concolor は「同色の」という意味である。
品種名の nipononivea は「日本産で雪のように白い」という意味である。
写真は9月に会津若松市の御薬園で撮った。
学名:Boehmeria nivea var. concolor f. nipononivea

★本体にやっと出合えた会津の地
 ここで育つか越後縮緬



花図鑑
植物図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



PR


PR
" dc:identifier="http://kisetunohana2.blog.shinobi.jp/%E7%A7%8B%E3%81%AE%E8%8A%B1/%E8%8B%A7%EF%BC%88%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%B7%EF%BC%89" /> -->
Responses0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

楽天

PR






AmazonStore
by amanatu


カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター



最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析