忍者ブログ

季節の花

いま咲いている花

Home > > [PR] Home > 秋の花 > ファレノプシス・ベノサ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファレノプシス・ベノサ



ファレノプシス・ベノサはラン科コチョウラン属(ファレノプシス属)の多年草である。
ファレノプシス属は東南アジアを中心に70種くらい分布する着生種である。
また、多くの園芸品種がある。
ファレノプシス・アフロディテ(Phalaenopsis aphrodite)に胡蝶蘭(コチョウラン)の和名があり、属名の和名もコチョウラン属という。
本種の原産地はインドネシアである。
スラウェシ島(セレベス島)の標高500メートルから700メートルくらいの森に生える着生種である。
草丈は20センチから30センチくらいある。
葉は分厚い楕円形である。
開花時期は夏から秋である。
花茎を伸ばし、花径4センチから7センチくらいの花を数輪つける。
花の色は黄色で、茶系の斑点が入る。
唇弁は白く、黄色や紅紫色の斑点が入る。
黄色系の胡蝶蘭(コチョウラン)の交配親となっている。
花には強い香りがある。
属名の Phalaenopsis はギリシャ語の「phalaina(蛾)+opsis(似る)」からきている。花の形が蛾に似ていることから名づけられた。
種小名の venosa は「目立った脈のある」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Phalaenopsis venosa

★色合いがとてもシックで南国を
 肌に感じるベノサの花は




花図鑑
植物図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





PR


PR
" dc:identifier="http://kisetunohana2.blog.shinobi.jp/%E7%A7%8B%E3%81%AE%E8%8A%B1/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%83%97%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%8E%E3%82%B5" /> -->
Responses0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

楽天

PR






AmazonStore
by amanatu


カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター



最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析