忍者ブログ

季節の花

いま咲いている花

Home > > [PR] Home > 秋の花 > パッシフローラ・スブランケオラタ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パッシフローラ・スブランケオラタ



パッシフローラ・スブランケオラタはトケイソウ科トケイソウ属(パッシフローラ属)の蔓性常緑多年草である。
パッシフローラ属は世界に500種くらいが分布する。
また、多くの園芸品種が作出されている。
同属のパッシフローラ・カエルレア(Passiflora caerulea)に時計草(トケイソウ)の和名があり、属名の和名をトケイソウ属という。
本種の原産地は中南アメリカである。
メキシコのタバスコ州やベリーズ、ベネズエラ、コロンビアなどに分布する。
分類の仕方によって、パッシフローラ・パルメリの変種とするものと独立種とするものがある。
草丈は2メートルから4メートルくらいである。
茎や葉には柔らかな毛が生えている。
葉は手のひら状に3つに裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7月から9月くらいである。
花径は7センチから8センチで、花の色はピンクである。
萼片と花弁がそれぞれ5枚ずつあり、同じ色と形なので10枚の花びらがあるように見える。
副花冠が水平に放射状に開き、時計の文字盤のように見える。
花は早朝に開花し、午前中には閉じる。
花の後にできる実は長さ5センチくらいの楕円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、食用になる。
属名の Passiflora はラテン語の「flor della passione(情熱の花)」からきている。雌しべの柱頭をはりつけにされたキリストにたとえ、放射状の副花冠をキリストの後光にたとえた。
種小名の palmeri はイギリス生まれの植物学者「パーマー(Edward Palmer, 1829-1911)さんの」という意味である。
変種名の sublanceolata は「やや披針形の」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Passiflora palmeri var. sublanceolata(syn. Passiflora sublanceolata)

★めずらしいピンクが可愛い時計草
 柔らかな毛に覆われて咲く




花図鑑
植物図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





PR


PR
" dc:identifier="http://kisetunohana2.blog.shinobi.jp/%E7%A7%8B%E3%81%AE%E8%8A%B1/%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%82%BF" /> -->
Responses0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

楽天

PR






AmazonStore
by amanatu


カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター



最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析